--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年04月11日 (火) | Edit |
それは突然の出来事でした。

日付が4/10に変わった頃、明日は仕事だーっと眠りについてから3時間後、明るくなったので朝かと思い目を開けると、部屋の蛍光灯が付いていて、横を見たら、

激しい胃痛に耐えかねている、夫の姿が目に飛び込んできました。

これは尋常ではないと、気が動転しながらも119番にかけました。
これが、人生初の119番通報となってしまいました。
自分が運ばれるパターンは3回ほどありましたが、付き添いは初めてで、手順のわからない私は、とりあえず外で音が鳴ったら出てきて下さいという指示を受けたにもかかわらず、その前から外で待っていました。
10分後救急車が到着し、救命士の人から事情を聞かれ、夫と共に乗り込みました。横になると痛みが増すらしく、座ったまま救急病院に搬送されることに・・・。

数年前、私は担架で家から運び出され、ストレッチャーに乗せられて行ったとき、カーブのたびに振り落とされそうになって病気どころじゃない思いをしていたので、救急車は恐い乗り物だというイメージが付いていました。
案の定カーブのたびに揺れる車内はやっぱり恐かったので、横にならなくてよかったねぇ、と心の中で妙な安心感?がありました。

病院に着くと、私は受付窓口で申込書の記入をしていたので様子はわかりませんでしたが、数分後、今にも眠そうな医師が出てきて、

「胃潰瘍か十二指腸潰瘍の可能性がありますが、とりあえず今落ち着いてきてるようなので、また痛みが出るか様子を見たいので、1時間ほど横になってもらいます」

と言われ、夫の所に案内されました。
夫は硬いストレッチャーの上に、タオルを布団代わりに掛けられてるだけで、投薬されてる様子はありませんでした。声をかけると受け答えは出来るようなので安心しましたが、段々睡魔が私を襲ってきて、気が付くとストレッチャーのサイドにある脱落防止の柵に頭を乗せて寝ていました。
目が覚めて外を見ると夜が明けていました。

「すみません、遅くなっちゃって・・・」

例の眠そうな医師が慌ててやってきました。
何と、運ばれてから既に2時間以上経過していました。
胃カメラを飲むか、自宅で薬を飲んで様子を見るかと聞かれ、夫が様子を見たいといったので、そのまま連れて帰ることにしました。
結局、自宅に帰ったのが7:30ちょうど。
夫が気になったので、休みを取って自宅にいることにしました。
が、激しい睡魔に襲われたのでそのまま寝てしまい、

「いつまで寝てるの

と、病気の夫に起こされて時計を見ると、13:40・・・。

やべぇぇぇー!!

看病どころか、思いっきり寝てしまった私。
マリアナ海溝よりも深く反省しているところであります
今のところ痛みはないものの、違和感があると訴えているので、可能であれば明日も休んで欲しいなあと思っているのですが・・・。

・・・ダメダメ妻な私丸出しの一日だった
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
[玄関]・▽・)ノ おじゃまします♪
だんな様大丈夫ですか??
早く良くなられると良いですけど・・・
2006/04/11(Tue) 07:25 | URL  | Sarhto #z8Ev11P6[ 編集]
>Sarhtoさん
夫は2日ほど仕事を休んだだけで済みました。
ご心配をいただきありがとうございましたm(_ _)m
2006/04/14(Fri) 23:46 | URL  | がーこ #tfG7ubk6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。