--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年07月01日 (火) | Edit |
ニューパソコンに買い換えました。
しばらく調子が悪くて、なかなか更新できなかったのですが、これからぼちぼち復活いていこうと思いますので、よろしくお願いします。


夏といえば、書店的には課題図書と夏の文庫。
課題図書は後日触れることにして、夏の文庫フェアが毎年大量にきますが、ここ1~2年ぐらいカバーだけを変えたバージョンが発売されています。

集英社文庫・小畑健表紙の「人間失格」が確か最初だったような?
その後いろんな出版社がカバー替えの文庫が次々と出てきましたが、中身は全く変わっていないんですよねぇヽ(´~`;)ウーン
今年はCLAMPや浅田弘幸、松山ケンイチの写真カバーもありますが、一番インパクトがあったのは、

荒木飛呂彦表紙の「伊豆の踊子」!!

どう見ても、空条徐倫にしか見えない( ̄~ ̄;)

思わず、ウリィィィィィとか叫んじゃいそうでしたノ(´д`)




コメント
この記事へのコメント
No title
こんにちは。

ジャケ買い(?)した人が中を読んで、どんな感想をもつのか、
知りたい気もします。
そういう人は、中は読まないのかもしれないけど。

ぼくの印象では、新潮文庫の4色の特性カバーが
いちばん目立ってましたね。
ゲド戦記のときに配ったやつに似てますが。
持っていても買いたくなるようで。

この時期は、いろんなフェアがあって、
本屋さんは大変でしょうね。
2008/07/02(Wed) 13:58 | URL  | kenn #NV6rn1uo[ 編集]
No title
>kenn さん
こん○○わ。

新潮のカバーもインパクトがあって、結構見ていくお客さんが多いですね。
文庫担当の話では、角川文庫「人間失格・桜桃」が売れてるそうです。表紙が松山ケンイチの写真なので、ファンが買ってるんでしょうね。(クラウザーさんだったら私も買ってもいいかなぁ・・・)
2008/07/02(Wed) 20:29 | URL  | がーこ #tfG7ubk6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。