--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年06月13日 (水) | Edit |
この本の初版が回収になりました。


パイレーツ・オブ・カリビアンワールド・エンド パイレーツ・オブ・カリビアンワールド・エンド
T.T.サザーランド (2007/05)
偕成社

この商品の詳細を見る



映画が公開されたっていうのに、あまりにもお粗末というか・・・。
偕成社によると(以下偕成社HPより抜粋)


>さて、5月25日発行の小社のディズニー映画小説版「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」についてご連絡申し上げます。
本書は、小社とウォルト・ディズニー・ジャパン(株)との契約に基づいて、アメリカのディズニー・プレス社より刊行された映画ノベライゼーション「PIRATES OF THE CARIBBEAN AT WORLD'S END」を翻訳したものです。
しかしながら、この「PIRATES OF THE CARIBBEAN AT WORLD'S END」には、映画の終盤部分のストーリーが収録されておりませんでした。英語版原書に映画の終盤部分のストーリーが収録されていないことについて、連絡がなく、試写なども行われなかったため、小社では公開前に映画を見ることができず、映画公開後に終盤部分の違いに気がついたような次第です。
そこで、小社では映画の終盤部分のストーリーを記述した改訂版を発行することと致しました。


どこがないんだろうと竹書房版と比較してみると、


パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド
テッド・エリオット、テリー・ロッシオ 他 (2007/06/05)
竹書房

この商品の詳細を見る



最後の敵を倒しに行く辺りがごっそり抜けている。


まるで、途中で連載を打ち切られた、週ジャンのマンガのようsc06
『ジャック・スパロウの旅はこれからも続く・・・完(○○先生の次回作にご期待下さい)』みたいな。

訳者は何をやってたんだろう??気づかなすぎっ!!
テーマ:書店
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。